留学から帰国した娘と2週間も自宅待機[自宅での仕事]

日常

1週間前にマレーシアから日本に帰国した娘ですが、強制的に言われてはいませんが、念の為に自宅待機をしています。マレーシアは、危険地域のレベルが1と低い為、そこまでは、強制的に自宅待機とは言われませんでした。

こんな事が、自分の身に降りかかるとは、思ってもいませんでした。本当に何が起こるかわかりません。

そして、娘の健康状態は、熱もなく元気です!滞在先がコロナウイルスにかかっている人がほとんどいない地域だったから、大丈夫だとは思ってはいましたけどね。それでも、まわりに迷惑をかけてはいけませんので、待機します。

うちのパパと息子は、パパの実家にお世話になっていたりと、結構大変です。このまま、あと1週間も、やり過ごさなければなりません。

自宅待機となった際に、ちょうど、ブログを始めた私と、経験を生かした方法で過ごす娘との事を書いてみましたので、興味のある方は、続きを読んでみて下さい。

スポンサーリンク

自宅待機となった過ごし方

タイミングよくブログを立ち上げていた

こんなことになるとは知らず、すごいタイミングでブログを始めていた私なのですが、これはラッキーでした。

この時間がある事で、記事に集中できたので、いい記事が書けました。ブログをしていなかったら、自宅で映画ばっかり見たかもしれません。

そして、頑張ったおかげで、アドセンス審査に合格しました!文章を書く事をこんなに頑張ったのは久々です。調べる事ばかりで知識も増えました。

そしてこのピンチをチャンスに変えました✌

娘はオンライ講師に挑戦

娘は、学校の始まりが、ゴールデンウィークにまで伸びてしまいました。理由は新型コロナの影響です。

そして、たちまちはアルバイトも行けなくなり、どうするか?という事になりました。こんな事態になったら、本当にどうしようもありませんよね。

最近の大学生は一人一台、学校でプレゼンなどで使う為に、持ち運べるパソコンを持っていますので、娘もこれを使ってできる仕事を探しました。

パソコンを使わず、家に置いてるだけでは、もったいないですからね。使わない手はないです。そして、オンラインでできる仕事を探した所、オンライン英会話講師の募集がありました。

条件に英語検定準1級以上と書いていましたので、娘は去年合格した英検準1級の資格を使って、早速応募しました。これで、自宅でアルバイトをすることができ、時間を持て余すような事にならずにすみました。

この経験から思ったこと

今回、急に自宅から2週間も出られなくなるという経験をして、本当に不便さを感じました。職場に行けなくなって収入が減ってしまうと、家計の負担が増え、支払いなど大きく影響します。

そんな時に自宅でできる仕事の、私はブログでの仕事、娘はオンラインでの塾講師の仕事が役に立ちました。

他にクラウドソーシングという オークションへの出品作業やデータ入力のように特別なスキルはいらないものもありますし、経験を生かして、プログラミング、ライティングなどの仕事もあります。

こんな仕事もあるのだと知ってもらえたらと思います。


クラウドワークス

TVCMで話題のココナラ

在宅・時短のお仕事はママワークス
タイトルとURLをコピーしました