観客のかわりに視聴者のSNSを利用[これからの時代]

日常
スポンサーリンク

息子は、お笑いが大好きです。

昨日はR1ぐらんぷり2020を楽しみにしていました。

しかし昨日は、いつもと違って、夜7時からスタートしたR1ぐらんぷりの会場には、観客がゼロでした。

ただただ、ビックリ!ですし、息子のテンションは、一気に下がってしまいました。

そんな状況の中、観客のかわりに、SNSを利用するという方法で、審査をする、

最新のやり方で、優勝を決める事となりました。

便利なツールの利用が増えてきた中で、コロナウイルスの拡大により、

一層、利用者が増えたと思います。

今回TV番組で、行われた、視聴者投票にSNSが使われた事を紹介します。

これからの時代の変化を知る1つとして、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

観客のかわりに視聴者のSNSを利用

無観客に違和感

R1ぐらんぷりというお笑い番組で、コロナウイルスの影響から会場が無観客でした。

こんな事って、生まれて初めてです。コロナウイルスの影響で、しかたないのですが、

お笑いで、観客の笑いがないのは、やっぱり違和感がありました。

でも審査員は、この状況の中でやるのは、逆にやりやすい人もいるから・・・と

励ましていました。

私は、こんな厳しい状況の中で、今から戦うんだなと思って見ていました。

SNS投票で優勝者が決まる

でもそんな中、見事優勝したのは、漫才師マジカルラブリーの野田クリスタルでした。おめでとうございます👏

毎年は、会場にいる観客が審査員だったのですが、今回は観客のかわりに、SNSの視聴者投票が行われました。

今回利用されたのは、ツイッタ―でした。他にテレビのdボタンも投票に使われました。こちらも通信になります。

ツイッターの審査員と会場にいたゲスト審査員の票の合計が多かった、野田クリスタルはR1ぐらんぷりの頂点に立ちました。

SNS利用者は増える

コロナウイルの影響で、様々な場所でSNSの利用者が増えたと思います。

それ以前にも利用者は増えていましたが、今回の事でより一層、利用する機会が

増えたと思います。

そして、便利だなと思いましたし、40代後半の私も使いこなそう!と思いました。

コロナウイルスの影響で、どんどん変わっていく世の中に、どうなるの?って思っている人は多いですよね。

感想

便利なツールが増えていく世の中です。40代後半の私には、正直使いこなすのは難しいです。

でも、世の中は、IT時代ですし、これからもどんどん新しい事が増えていくと思います。

いくつになっても、勉強して、できる事を増やしたいと思います。

そして、マナーを守って、使い方に気をつける事も大事ですね。

タイトルとURLをコピーしました