途中帰国したマレーシア留学での話[海外留学を経験して]

英語関係
スポンサーリンク

5週間ほど前に、マレーシアへ留学していた娘が予定より早めに帰国しました。

コロナウイルスの拡大で、マレーシアも感染者数が増え、これ以上、ここにいては、飛行機の便がなくなってしまい、帰国ができなくなってしまうという事で、留学が中断となりました。

途中中断と言っても、3日早まっただけでしたので、同じ学校の人では、マレーシア以外の国に留学している人が、3日目で中止になった人もいましたので、娘は運が良かったと思います。

マレーシアに5週間滞在して感じたマレーシアの国の良さや、語学学習の事など、娘に聞いてみましたので、留学や、旅行を考えている方は是非参考にしてみて下さい。いい国ですよ!

主に過ごした地域はペナンになります。マレーシアの中では、田舎でのんびりした町となっています。

スポンサーリンク

マレーシア留学での話

気になるのは食事、健康面でも大事

海外に旅行や、留学に行って、やはり日々の食事は気になりますよね。健康面でも大事な事です。

ホテル滞在が主だった娘ですが、ホームステイでもお世話になっています。まずは、その中で美味しかった食事や内容を紹介します。

ナシゴレンというチャーハンが、あれこれ食べた中でも1番美味しかったと言っています。

画像は、2日間お世話になったホームステイ先で、作ってもらったナシゴレンになります。

次にロティ・チャイナイというマレーシアの定番朝ごはんが美味しいようです。中に玉子やチーズが入っていたり、バナナも入っている時もあるようです。

この画像は、滞在先がほとんどホテルだったので、ホテルでの朝ごはんです。

こちらはマレーシアのラーメンです。汗が出るほど辛いらしいです。ラーメンは、結構な割合で食べていたらしいです。どの食べ物もスパイスが効いていて辛いと言っています。

こちらは、ホテルでの食事です。野菜も多く、種類が豊富でバイキング形式になっています。マレーシアの食べ物は日本人には、食べやすいものが多いなという印象です。

あと、娘は、マックやケンタッキー、スタバにしょっちゅう行ってました。自然に学生は、そうなるのだと思います。その中、ホテルの食事で野菜や魚介類を多く摂れたので良かったと思います。

滞在が長いと、食べ物が合わないと辛いですからね、大事な事です。

物価が安い、日本人の移住者多数

とにかく物価が安いです。最近は、日本人の移住者が多いのは、理由の1つに物価の安さがあるのだと思います。

コーヒー1杯20円、ランチが200円程度となっています。バスや電車は30円程度、1ヵ月生活するのに3万円あればいいのです。

週末娘は、同じ大学の日本人だけで、ペナンからマレーシアの首都クアラルンプールへ飛行機で移動して、そこから電車やバスを利用し、ホテルを自分達で手配して1泊2日の旅行に出かけていましたが、その際も6千円程度しか使っていません。

この事からも、物価が安い事がわかります。そして、学生だけで移動できたりするので、安全な国なのだなと思います。

留学にはコレ!NEOMONEY

人が温厚で親切

コロナウイルスの影響で日本人が不快な思いをしている国がある事を、ニュースで見て心配しましたが、マレーシアでは、全くそのような事はなく、マレーシアの人は、温厚で親切だと聞きました。

とにかくみんなが優しく接してくれて、嬉しかったと言っていました。性格がのんびりしているので、仕事で時間に遅れたりしても、あまり気にしないし、怒ったりしないという事も聞いていたので、本当なんだと思いました。

日本人はせっかちな人が多く、時間には厳しいので、こちらでは、ゆったり過ごせていいなと思います。

学校の終わりには、みんなで日本の文化である、凧揚げをしている動画を見て、時間がゆっくり流れる感じが懐かしく感じました。

語学の勉強の成果は?

平日は、毎日朝9時から4時頃までは、マレーシアの大学でTOEICを勉強していました。帰国直前にテストした結果、帰国前のスコアより、100点も上がっていましたので、成果はありました。

英語が話せるようになったのか?という点は、スピーキング力は留学前と比べてほとんど変わらないです。ここの成果が出るのは、5週間では難しいです。

しかし、リスニング力はすごく伸びると聞きました。

それは、まわりに日本語を話せる人がいないので、相手が話している内容がわからないと、自分の生活で不便さを感じるので、必死に聞く事に集中するので、自然に身につくと言っています。

学校の勉強では、聞いていなくても不便な事はあまりないので、やはり実践あるのみですね。

この事から、5週間の短期留学で、TOEICのスコアとリスニング力が、かなり上がっています。


不便さを感じる点など

生活での、不便な部分を聞いてみた所、トイレやシャワーの問題が不便さを感じたという事です。日本のようにトイレットペーパーの設置がない事、シャワーの水が スムーズに出ない事などがあるようです。

あとは、何せ虫が多いと言っています。それは、事前に知っていたので、虫よけジェルやかゆみ止めなど用意して対策しました。

薬は、日本で買って持っていくと安心です。

まとめ 今後に繋がっていく

娘のマレーシアでの留学生活は、有意義に過ごせた事がわかりました。

そして、この留学を経験して次は、どのようにステップアップしていくのか、聞いてみた所、長期留学するか、海外インターシップを経験するか、個人で海外旅行して、いくつもの国を観光していくかのどれかを選ぶという事でした。

とは言っても、当面コロナウイルスの影響で、海外留学は厳しい状況にありますので、もう少し先の話になると思います。

海外留学をする事で、確実に成長しいく姿が見られましたので、今回のマレーシア留学はプラスでしかないと思いました。


TOEICの勉強で使っているのがこちら↓

タイトルとURLをコピーしました