発達障害の子育てで、働くことのむずかしさを知る

発達障害

今朝、TVでオリンピックが延期になるかもしれないというニュースを見て、どうなるの?日本って思っています。そして、連日、観光地のお店にお客さんが来ないという模様がTVで流れていて、世の中はどんどん不景気にになっていくのかな~と心配になります。

こういうニュースを見るたび、働き方について、考えさせられるんですが、私は、主婦になってからは、正直、自分の納得するような働き方はできていません。

多くの方が、そうだとは思うのですが、私は気持ちよく働けたらいいなといつも思っていました。

私には、発達障がいのある息子がいまして、小さい頃は、今よりずっと子育てが大変でした。

そんな中働く事もむずかしくて、悩んできました。

今日は、子育てに悩んでいる方、特に私のように障がいをもつ子供さんがおられる方に、私が感じてきた働くことや、日々感じていた思いを書いていますので、少しでも参考にしてもらえたらと思います。

上手く伝えられないですけど、同じ悩みを持つ人はいるという事だけでも、感じてスッキリしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

働くことがむずかしい

働きづらい・理解してほしい

息子に障がいがある事も、私には外で働きづらい環境にありました。体が弱い息子は、体調を崩して、しょっちゅう学校から電話があり、お迎えにきてほしいと言われました。

その他にも、障がいがあるがゆえの悩みがあり、下校中に道に飛び出してしまったり、友達と毎回トラブルを起こしたり、色んな悩みで、ストレスも半端ない状態になりました。

だからと言って、周りの人が、助けてくれるかと言うと、そんな事はなく、思っているより、世間は厳しいし、障がい者の理解って日本はほとんど、進歩してないんじゃないかな?と思わざるを得ない事ばかりを目の当たりにしてきました。

これは、職場だけではなく、子供の通う学校でも理解を得られず辛い思いをしましたので、Wパンチでした。

そんな中、迷惑かけて申し訳ないな(-_-;)とか思いながら、長い間パートで働いてきました。

同じ悩みをもつお母さん

働きづらい事、周りの理解を得られない事などは、私だけが思っているわけではありませんでした。関わってきた障がいのある子供をもつお母さん達と話していても、みんな口を揃えて、同じ事を言いますし、

障がい者に対しての偏見や国の福祉の事など、不満を沢山抱えています。同じ気持ちなんだとわかるとホットしました。

自分の愛する可愛い子供です、何があっても守ってあげたいと強く思っているお母さんばかりです。そんな方々と関われて、私はストレスが吹き飛んでいきました。

在宅・フリーランスで働ければ

そしてそんな中、自宅で仕事ができたら、気持ちにも余裕ができるし、パート程度の収入があれば、生活に困らないのになと、いつも思っていました。

無理して、パートに出ていましたが、子供の事が気になってしまったら、自分自身が気持ちよく働けないし、親に助けてもらっても、毎回だと悪いなと思っていました。

そして、この時は、在宅やフリーランスで働く事についての知識がありませんでした。

今では、在宅のお仕事が以前より増えていますので、検討してみてはいかがでしょうか。

在宅ワークをしようと思い、いくつかクラウドソーシングに登録して
案件に申し込みをした中で、
私は登録後【ママワークス】が1番早くお仕事に繋がりました。

最初は単価はあまり気にせず、在宅でお給料がもらえるんだという気持ちが、
大事です。

まとめ

最近は在宅やフリーランスの仕事を選ぶ人が、以前より多くなってきたと思います。

コロナウイルスの影響で、今までに増して、自宅での仕事を考える人が増えると思います。

私のように、子供に障がいがある人など、外で働きづらい環境にある人は、自宅でできる仕事にチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

私は独身時代、会社の総務の仕事をやっていたので、パソコンの知識が多少あるので、そういう経験も生かせたらと思っています。

こんな働き方もあるという事だけでも知ってもらえらばと思います。

主婦も、もっと活躍できる場が増えるといいなと思います。


↓外で働けないママにも活躍してほしい!

全部登録無料なので、登録だけでもOK!

ママワークスは、働く主婦を応援!

クラウドワークスは案件がたくさんあります!

ココナラで自分の得意を発揮する!
私はこ
らで、プロフィールのキャラクターを作ってもらいました。

タイトルとURLをコピーしました