英検直前にやってみる合格対策![おすすめ勉強方法]

英語関係

今回は、英検受験の直前に、できる対策を紹介します。


うちの娘は中学生から大学生の現在まで、英検資格の取得に励んでいます。

現在は英検準1級まで合格しましたので、次は1級に向けて頑張っています。


娘の場合は、大学受験の時期に間に合うように、親子で試行錯誤しながら、英検対策をやってきました。


部活の大会や学校のテスト期間と英検の受験勉強が重なり、上手く時間が取れない時がありましたので、

そのような時に実際に英検直前にやってみて効果があった事を紹介したいと思います。


興味のある方は、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

英検直前にやってみる合格対策!

受験直前にやってみる対策とは

英検の勉強に時間を取れる時もあれば、部活の大会や学校のテストと英検の受験勉強が重なり、時間が取れない時がありました。


そんな時娘は、受験直前に英検のホームページにある最新問題の過去問を1回分やりました。時間は受験時間と同じ時間で計ってやりました。

意外にこちらを活用されてない人が多いのですが、勉強の時間がいつも通り取れなくて、不安な時にやってみたら、この方法で娘は合格しています。

2級の時には、英会話教室の先生に、まだ勉強不足でもう少し無理だと思うから、次回に受けましょうと言われたけれど、


娘は早めに合格をしたかったので、申込みをして、この方法で合格する事ができました。英会話教室の先生は、合格したの!?すごい(゚Д゚;)と驚いていました。


本番と同じ大きさの問題用紙で、同じ時間通り計って直前にやるので、容量がつかめるのかなと思っています。

娘の場合は、午後からの試験の時に午前中に自宅でやっていましたので、午前の場合は、前日に行うのがいいかと思います。

対策方法を詳しく説明

英検|公益財団法人 日本英語協会検定の、各級の試験内容と過去問から受ける検定級を選び、次に〇級過去問・対策を選びます。

ここから、3回分の過去問がありますので、いずれか1つを選びます。


そこの問題冊子とリスニング原稿をコピーして解きます。私が事前にコピーをしていました。リスニングは音源も付いています。

試験内容・過去問 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会
英検の試験内容・過去問をご紹介するページです。各級の試験内容と、過去1年(3回分)の過去問を掲載。英検に挑戦される前に出題内容をご確認のうえ、級レベルの確認や力試しにご活用ください。


今回は勉強不足だなと思った時や、自信のない時に、これを英検受験直前にやっていました。


時間が長いので、この1回やるだけで、結構疲れてしますので、気合をいれないと難しいと思います。できれば今回は何としても!と言う時などにおすすめします。

受験当日持ち物

①受験票

②身分証明書

③筆記用具

④腕時計

上記の4つを忘れないように、前日に用意しておきましょう。

時計がついていない会場もありますので、腕時計は持っていく事をおすすめします。娘は何度か時計を忘れ、その度に後悔していました。

万一時計を忘れても、普段時間を計って過去問をやると、時間の感覚はつかめると思いますので、
時間に慣れておくのも合格できる準備の1つかなと思います。

受験票に貼る写真も忘れないよう、早めに用意しましょう。

食事は軽めに

お昼の食事は、眠気を誘うので、軽めにとった方がいいです。

これを忘れて、娘はお腹いっぱい食べてしまった時は眠たくなり、集中できなかったと言っていました。

午後からの受験の時は、気をつけておきましょう。

睡眠は十分にとりましょう

前日は早めに寝て、体を休めましょう。体調管理に気をつけましょう。

せっかく、頑張って勉強してきたのに、当日の体調がすぐれないと、集中できませんので、睡眠は十分にとっておきましょう。

英検は試験時間が長いので、体力勝負でもあると思いますので、大事な所です。

まとめ

英検の受験直前にやってみると効果がある対策を紹介しました。参考になれば幸いです。

何度もくじけそうになる英検受験ですが、努力した分、合格した時の喜びは大きいものです。

何かにチャレンジすることは、自分を大きく成長させます。

英検受験に向けて、頑張って下さい。

今日は最後まで読んで頂きましてありがとうございました。


普段の勉強にはこちら↓

旺文社英検ネットドリル
タイトルとURLをコピーしました